旧ボクのミニカー記録 with the Dream

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ☆データの記載ミス、誤字・脱字・嘘字等、国語力もないので、ご容赦。
  <(__)>

日産 R380-Ⅰ / 京商

2011-01-07 (Fri) 12:32[ 編集 ]
先日、2011年1月4日(火)「サークルK」「サンクス」限定で発売された。
ミニカーコレクション第46弾
「日産レーシングカー ミニカーコレクション」
NISSAN R380-Ⅰです。

まだ、ランボルギーニのものが、いくつか残っていますし、アメスポも積み残しておりますので、そちらを先にとも思っているんですが、取りあえずいくつか手元にありますので、R380-Ⅰだけでもご紹介したいと思います。よろしくどうぞ~

んで、え~~~(^^ゞ
以下は、wikiからのマルパクリであります。
スミマセ~~~ン<(__)>

(日産)プリンスR380
プリンスR380は、プリンス自動車工業が開発した日本初のプロトタイプレーシングカーである。プリンス自動車と日産自動車の合併後は日産R380と改名した。

1964年の第2回日本グランプリにおいて、プリンス自工は本来は直列4気筒1,500ccエンジンを搭載するプリンス・スカイライン(S50型)のノーズを延長させ、プリンス・グロリア用SOHC直列6気筒2,000ccG7型エンジンを搭載し、ウェーバー製ダブルチョーク40DCOE型キャブレターを3連装したスカイラインGT(S54型)で参戦したが、ポルシェ・904に惨敗した。プリンス自工は雪辱を期し、スカイラインGTの設計チーフである桜井眞一郎を中心として、純レーシングカーであるR380の開発に取り掛かった。車名の「R」はレーシング、「380」はプリンス自工として38番目のプロジェクトを意味した。

1964年夏に開発計画がスタートし、1965年6月に1号車(R380-I)が完成。1966年の第3回日本グランプリにて、レース用の改良型(R380A-I)が優勝した。同年8月にプリンス自工は日産自動車と合併。当時、日産においてもプロトタイプレーシングカーを開発中であったが、R380を継続使用することとなり、車名も正しくは「ニッサンプリンスR380」となった。

IMG_8160s.jpg

Kyosho
Nissan Racing Car Minicar Collection
NISSAN(Prince) R380-Ⅰ
Scale 1/64
Made in China
  ☆データの記載ミス、誤字・脱字・嘘字等、国語力もないので、ご容赦。
  <(__)>
IMG_8168.jpg

IMG_8184.jpg
名称未設定 2

本来はこっちのロゴが正解?
IMG_8211.jpg

ディティールです。これで1箱890円(税込み)納得いただけるでしょうかぁ(^^;
IMG_8189.jpg

IMG_8193.jpg

お、ピンぼけてる。拡大した意味がない(^^;;
IMG_8198.jpg

IMG_8209_20110107124845.jpg

画像のお遊びです~ やっぱりサーキットなのねぇ この後のやつもみんな同じ?
IMG_8223_20110107124903.jpg

IMG_8224s.jpg

IMG_8238.jpg


以下、実車のスペック表並びに画像はwikiからの引用です。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プリンスR380
R380A-I (1966年型)
1966 Prince R380 01.jpg
ボディタイプ 2ドア プロトタイプレーシング
エンジン プリンスGR8 直6 DOHC 2.0L 197PS
変速機 5速MT
駆動方式 MR
全長 3,930mm
全幅 1,580mm
全高 1,035mm
ホイールベース 2,360mm
車両重量 660kg
-自動車のスペック表-
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
インフォメーション
・データーには誤りがある場合があります。ご自分でもお確かめください。
最新記事
カテゴリ
電力使用状況&電気予報^^
カレンダー
時計
Web page translation
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。